競馬の勉強 情報の集め方

競馬

競馬といえば予想、予想といえば競馬というように競馬の最大の魅力は狙ったレースの着順を予想することにあります。初心者の方はもちろんですが、どんなに競馬歴の長い人でも毎回のように的中しているという人はごく稀です。

競馬の情報は膨大にあるのでどれをどのように扱うかが重要になってきますが、できるだけ多くの情報を集めるほうが有利になります。新聞やスポーツ紙は馬の近況や実績、調子などが詳しく掲載されいるため勉強になりますが、各スポーツ紙は他と差別化を図るために予想は違ってきます。各スポーツ紙には「この馬を買え」「あの馬を買え」と掲載されているので、客観的な目で冷静に予想することが大切です。また、インターネットには数えきれないほどのサイトや個人のブログなどがあり、毎日更新されていることも多いのでタイムリーな情報を得ることができます。

専門用語がたくさん出てきたり、マニアックに感じることもありますが自分が知りたいことをピンポイントで知ることができます。100人いれば100人の予想方法があるので、いろんな人の考え方を知ることもできますし、素人の予想屋でも鋭い予想をしている人もいるので新しい発見に気付くことができます。

競馬の勉強 予想方法を確立しよう

競馬を趣味にしている人にとって狙ったレースの着順を予想することが最大の楽しみですが、競馬を始めたばかりの人はどの情報に絞ってよいのかわからないという人も多いでしょう。予想家と呼ばれるプロはひとつの情報に厳選して予想していますが、方法は千差万別なので自分に合った方法を確立していくのも面白いものです。

競馬情報は膨大にあり初心者の方はどこから手を付けて良いのか悩むものですが、多くの情報を集めるに越したことはないでしょう。お勧めなのがスポーツ新聞や競馬新聞です。競馬新聞は世界一情報が凝縮された読み物でもあるので勉強するためには役立ちます。しかし、隅から隅まで読んでいると思った以上に時間を費やしてしまいますし、「この馬を買え」やら「あの馬を買え」などと書いてあるため、自分が本命にしようと思っていた馬を買えなくなるので優柔不断な人にはあまりあちこちのデータを見ないことをお勧めします。

重要なのは馬柱と調教師などのコメントです。前走での着順や着差、またコース適正や脚質です。例えその馬が前走で着順が4着だったとしても着差は1馬身しかないという場合があるので、狙ったレースが同条件なら素直の買っても良いといえます。

ブックメーカー 競馬は投資になる

競走馬

日本では昔から競馬の人気が高く、純粋にサラブレッドが走る姿を観戦するのが好きだと言う人もいますが、多くの人にとっては、レースの予想をして馬券を買うのも楽しみのひとつです。

サラリーマンの中には、少ないお小遣いを、何とかして増やしたいと毎週末悪戦苦闘する人も少なくありません。

競馬を研究して利益を出している人は、実際に存在しているので不可能ではありません。日本ではWIN5が導入されたことで、宝くじ並みの一攫千金も可能です。

昔から、競馬の必勝法と称する本が次々と出版され、最近は、自分のサイトで予想を販売している人もいます。

自ら編み出したテクニックを使って予想を行い、インターネットを利用して売るのです。

予想ソフトを開発して、販売するプログラマーもいます。日本には予想会社も多いですが、トラブルも多いので注意が必要です。

自分でデータを取得して、コツコツと研究をしてお小遣いを稼ごうとする人も多いです。インターネット上に溢れている情報の中には、意味のないものも少なくありません。自分にとって有益な情報だけを手に入れて、胡散臭い怪しい情報には見向きしない態度も大切です。

最近は、ブックメーカーを活用して投資を行っている人もいます。ブックメーカーを活用した手法としては、アービトラージが有名でしょう。

日本と比較してブックメーカー 競馬はオッズが高いので、投資として利用できます。

各ブックメーカーが提供するオッズを比べて、両建てして利益を出す方法です。ヨーロッパでは人気がある手法で、研究している競馬ファンは多数います。

競馬の勉強 収支を上げるための勉強ランキング

競馬の収支を上げるための勉強ランキングの一位といっても良いのは、基本的な買い方について書かれている書籍を購入して読むことです。初心者やあまり競馬で勝つことができていないという方は、勘で適当に馬券を購入していることが多いです。しかし、もともと競馬は胴元が有利で投票する側は不利ですから、そのような買い方をしていてはプラスにするのは難しいです。したがって、買い方について勉強していくべきであるといえます。そして、一般的な書籍の中に、買い方について書かれている本があります。

迷うのが、どれを選んで読めばよいということです。これは、正直好みで選ぶしかありません。どの方法論も、決して必ず勝てるというわけではありません。しかし、まったく何も考えずに投票をするよりは回収率を上げやすいことは事実です。パターン化されているので、変な判断を入れなくてもそれに従って購入するという戦略をとれば良いのもお手軽です。実際の回収率なども本の中で実例を載せているでしょうから、それを見て信じるに足るかどうかを見ていけば、きっと好みの本が見つかるでしょう。あとは実際に買ってみて、どの方法が良いかどうかを確かめて、だめだったら変えると良いです。

レース